資金調達のおすすめの期日現金

>

どんなメリットやデメリットがあるのか

早く資金を入手する方法

ファクタリングを利用できる部分が、期日現金の大きなメリットだと言われています。
ファクタリングとは、売掛金を使ってすばやく資金調達ができる方法です。
期日現金は何月何日にこのぐらいの金額を支払うという形で契約を進めることが多いですが、この計画よりも前に資金が足りなくなり、経営に困る事態が訪れるかもしれません。
その時にファクタリングを使えば、将来に振り込まれるお金を今すぐ手に入れられます。

数日で資金を入手できる面もメリットなので、時間がない時は期日現金でファクタリングをするのが賢い方法です。
資金が足りない状態をいつまでも放置していると、会社の経営がうまくいかなくなり、修正できなくなると覚えておきましょう。

下請法について勉強しよう

期日現金を使った場合は、下請法という法律で守られるケースがあります。
それについて詳しく調べ、トラブルを未然に防ぎましょう。
このメリットは、期日現金を押し付けられるのを防げることです。
下請法とは簡単に説明すると、適用される取引を行う時に商品やサービスが提供されて60日以内にお金を必ず支払うという内容の法律です。

期日現金を利用し下請法が適用されていれば、取引先から期日現金を使われることはありません。
下請法が適用されるのは、資本金が3億円を超えている親事業者と、資本金が3億円以下の下請事業者が取引を行う場合、資本金が1000万円から3億円の親事業者、資本金が1000万円以下の下請事業者が取引を行う場合です。