資金調達のおすすめの期日現金

>

デメリットまで知ろう

手形割引を使えなくなってしまう

まず期日現金を使った場合は、支払いサイトが長くなる部分がデメリットだと言えます。
期日現金を使うことで、支払期日が通常より長くなります。
それに伴って支払いサイトも長くなることを忘れないようにしましょう。

基本的に期日現金では、手形割引が使えません。
企業同士が取引をする時に手形を使うことが多いですが、期日現金は手形とは異なるものです。
手形割引を使い、手数料を支払う代わりに支払期日より前に現金を得ることはできません。
このデメリットは、ファクタリング使うことで解決できるので安心です。
どうしても支払期日より前にまとまった資金が必要になってしまった場合でも慌てないで、すぐにファクタリングに切り替えましょう。

会社の規模や手形取引の頻度

印紙税などのコストを削減できる面が期日現金のメリットですが、自分の会社にとって本当にメリットがあるのか考えてみてください。
実際には、毎月手形取引をしている大きな規模の会社にはメリットがあります。
しかし規模が小さい会社は毎月手形取引をしていなかったり、したとしても1回の金額が少なかったりすることが考えられます。

もとから手数料や印紙税が少なく期日現金でコストを削減した場合でも、そこまで大きなメリットが得られません。
むしろ他のデメリットの方が大きく、損をする可能性があります。
自分の会社の規模や、どのくらいの頻度で手形取引をしているのか客観的に見ることで、メリットとデメリットのどちらが大きいのかがわかります。