資金調達のおすすめの期日現金

>

何が違うのか知ろう

手形とは何なのか

そもそも手形決済とは、特定の日を決めて、その日に金額を支払うと約束することです。
なぜ手形という名前になったのかというと、昔は約束をした証拠として、自分の手の形を残したからだと言われています。
手形は有価証券ですが、期日現金は有価証券ではありません。
ここが、それぞれの最大の違いになります。

期日現金は請求書を使った支払いではありますが、通常よりもお金を支払う期日を後にして取引を進めることができます。
請求書を使った一般的な方法だと支払期日は締日の翌月や、翌々月になることが多いです。
支払いサイトが、60日を超えることはあまりありません。
しかし期日現金の場合は、支払いサイトが60日を超えるケースが見られます。

使い分けるのが賢い方法

どちらも、期日を決めてその時に金額を支払うと約束する部分は同じです。
手形は有価証券として、銀行で発行します。
その時に手数料が掛かったり、印紙税が発生したりすると覚えておきましょう。
手数料や印紙税が発生するのはデメリットですが、手形にメリットがないわけではありません。
手形は期日現金と異なり、取引先は手形を割り引いて期日より前に資金を入手できますが、その時に手形の裏書きをすると、料金の支払いに活用できます。

このようにどんな方法でも、メリットとデメリットが存在します。
メリットしかない資金調達方法はないので、自分にとってメリットが最も大きくなる方法を選んでいきましょう。
時と場合によって、期日現金と手形を使い分けるのも良い方法です。